351 骨粗鬆症と運動

骨粗鬆症治療に運動が重要ですが、夏は熱中症の方が怖くてプールぐらいしか勧められません。水中歩行は変形性膝関節症腰痛症にお勧めですが、骨粗鬆症治療は期待できません熱中症に注意して散歩を勧めています。その為、薬が重要になります。薬を継続すると骨粗鬆症は改善します。最近気づいたのですが、骨粗鬆症薬には骨のコラーゲン繊維を修復するものがあり、同時に肌のコラーゲン繊維も修復します。肌がプルンプルンになる可能性が高いのです。下手なサプリメントより期待は大です。さて、なぜ骨粗鬆症を治療するのか?答えは骨折防止です。骨折を防ぐにはいろんな事が必要ですが、骨密度が上がれば明らかに骨折は減ります。では骨折するとどうなるでしょうか?大腿骨頸部骨折(股関節の骨折)を例にとるとまず、手術が必要な骨折です。入院は長期間(3週間以上)となります。手術が成功しても手術が遅れるほど、体が弱り、認知症は早いと1日で発生、心肺機能もすぐに低下し始め、筋力も急激に落ちます。骨折を治すよりも骨折を防ぐ方が体に負担をかけません。それ故に骨密度をあげましょう。治療しても定期的な骨密度検査で、骨密度が下がる方は、なんらかの別の病気があるか、運動できないかしない、薬の内服方法を間違えているなどがあります。ミネラルウォーターで内服すると効果がゼロになる薬もあります。骨密度が上がらない人は医師に相談して原因を確認しましょう。治療目標は骨折を防止して、楽しい人生を過ごす事ですから