420 あなたの痛みは3鼻毛?

痛み
痛みは他人にわからない

まとめ
 ①痛みの表現は難しい
 ②痛みの測る方法はない。他人に正確にはわからない
 ③同じケガでも痛みかたは人によって違う
 ④痛みの出方を説明する様にしてください。

痛みをスラスラと説明できる人はそういません。
どこにどれ程で、どんな痛みなのかを
本人以外に客観的に確認する方法はありません
原因が体の奥深くなら範囲は不明瞭となり、
神経なら遠く離れた位置に生じる(放散痛)事もあります。
痛みの原因部位と痛みを感じる部位が同じとは限りません
強さも測定は出来きません
測定をするためには新たに痛みを与えて比較するしかありません。

痛みのスケール
jspc.gr.jpより


研修医の頃、
鼻毛を抜く痛みで表現する(鼻毛を3本抜く痛みは3鼻毛)冗談がありました。
学会では出来るだけ客観的になるように
Visual Analog Scaleと呼ばれる方法や
その他、数種類の方法があります。


しかし、同じ様なケガでも痛みが強い人や弱い人がいて、
他人との比較も困難です。
不安感恐怖感は痛みを強く感じさせ、
安心感は痛みを和らげます。
そして骨折や筋肉の痛みの区別はできません。
ある研究によると
脳は失恋の胸の痛みと肉体的な痛みの区別さえ出来ません。
そして痛みの質は他人には分からない。
だからこそ診察時には自分の言葉でそのまま表現して下さい。
痛みの生じる動作や痛みの感じる部位
押さえると痛い部位安静時に痛いか、
動かし方によって変わるのか、日内変動があるか、
外見はどうか、その他、
痛みが強くなる条件などが重要です。
「~してから痛みが出た」「~すると痛みが強い」等は
とても参考になります。
難しく考えず自分の言葉で言いましょう。