344 肩こりは幽霊のせいじゃない

数ヶ月前にインターネットで肩こりは幽霊のせいとされ大問題になました。ところが、まだ多くの間違いが流布しています。よく聞くものに『膝の水を抜いたら癖になる』。抜く事で癖に絶対になりません。水が溜まる原因が治りにくいのです。それより肥満の方が水の癖になりやすく、痩せると水は止まります。他に『ヒアルロン酸を関節に打ったら関節が悪くなる』誰ですか嘘をつくのは!多くの研究で症状が和らぐだけではなく軟骨も再生すると言われています。靴もそうです。歩行時に踵にかかる力は体重の5倍以上(200kgは超える)です。高齢で弱くなったり外反母趾などで変形した足を守るのに柔らかい靴が良いと勘違いしてがクニャクニャ曲がる靴を履く事は、足にムチ打つ様なものです。足が負荷に耐えられずに変形が進行します。厄介な事にクニャクニャ靴を履いた感じが靴下の様に良い為に、歩行時の評価はしないで選んでしまいます。重要なのは歩行時にかかる足の不可です。同様に外反母趾や変形性膝関節症の足底板治療も治療効果はすぐに出ない(治療は数年にわたる)為『作ったけど何も変わらない』とすぐに使用をやめ、他人に『その治療はやめた方がよい』とやめさせます。一生元気良く歩きたいなら、足の変形前や若い頃から、歩行時間で靴を選び、変形がある人は圧迫部位は柔らかく当たるようにして、靴底は衝撃がかからないようなしっかりした靴を履いて足の変形の進行を防ぎましょう。つき指は引っ張った方が良いとか、歩けるから骨は折れていないとか間違った情報が多いです。インターネットだけでなく友人同士の情報でもその出どころは確認しないと怪しいです