21 保険が使えるサポーター

整形外科は手足のケガの縫合などの処置(皆さん!整形外科が専門です)だけでなく、サポーターやコルセットなどの医療装具を用いた治療も行います。脊椎圧迫骨折や腰痛症•肋骨骨折•鎖骨骨折にコルセットや固定帯、関節捻挫•膝変形性関節症•関節靭帯損傷•オスグッド病•テニス肘•ゴルフ肘•手根管症候群•外反母趾•扁平足などにサポーターや足底板を処方します。処方と書くように、多くは保険適用が出来る事をご存知でしょうか(トルマリン入りとかはありませんが)? ぎっくり腰などの腰痛のためのコルセットは老人保健適用の方は数百円で処方されます。その他の医療装具でも健康保険なら最低7割は戻ってきますもんね。X線で異常がない事を確認する必要があり、また整骨院等では医師不在のため医療用装具の保険適用が出来ません。装具の中には長期使用にて筋力低下を招くものや、逆に長期使用により効果がでるものがあります。医師の説明をよく聞いて、目的を納得してから処方してもらいましょう。