417 群れるな(笑)

まとめ
 ①コロナ感染の防止は群れないこと
 ②コロナを恐れて運動不足にならない様に
 ③自粛中に体操や散歩、靴のチェックをしよう

今のところ、コロナ対策はこれしか無いようです。
当院では予約制に移行中だった為、
待合室で待つ患者さんが少なく「群れる(失礼)」状態は無いようです。
もちろん、予約なしでも診察中です。
それよりコロナを恐れるあまり運動不足
病気の悪化を招かない様にして欲しいのです。
いつもの春より骨密度の改善する人が少なく
影響が出ているように感じます。
「群れる」事が無ければ良いですから
密集を避けて公園や自宅で散歩・体操などの運動をして下さい。

変形性膝関節症の方も歩行訓練をしたほうが良いので、
散歩は欠かせません。
同時にに注意して下さい。
日本人の変形性膝関節症は8割がO脚型の内側型変形性関節症です。

その為、靴のかかとの外側が削れています。

そのまま履き続けると変形が進行するので
休みの間に調べて修理するか捨てて下さい。
また、柔らかすぎる靴(ビーチサンダルやクロックス)は
歩行時の膝や股関節、腰にかかる衝撃が大きく
また歩行中の踏み返しや爪先立ちの時には、
足首からつま先まで体重の数倍の荷重がかかります。
かなり固い木でも折れる位です。
その衝撃を受け止めるために歩行時は柔らかい靴ではなく、
しっかりしたウォーキングシューズトレッキングシューズを履いて下さい。
靴は足を守る為に履くものです。
靴を間違えると散歩で脚を痛めることになりかねません。
自粛の間に靴のチェックもしてみましょう。
みんなで頑張ろう