酔っ払い

タクシーの酔っぱらいの乗客が暴力を行って
逮捕されたニュースを見て思い出しました。
その昔、私がまだ30代の頃
救急病院の当直をしておりました。
深夜に泥酔して転倒し、手を切った患者さんが来院されていました。
傷の縫合をしなければならないので
説明をした後に、切創の縫合を開始しました。
最初は、陽気な人で
「先生は名前なんていうの」
「野見山です」
「当直、大変ね」
という具合でした。
経験上こんな時は丁寧な受け答えが必要と
考えて、丁寧に普通に答えていたのですが、
急に
「おい、野見山、*********」と言い始め
「許さんからな!!********」
「*」のところは放送禁止用語ではなく、意味不明の声です。
治療中もほとんど痛みがないようで
それまでの会話を思い出しても、
その方の怒りに触れるような事は何も話しおりません。
縫合が終わってからも大騒ぎをするので、
仕方なしにご家族に連絡して、奥様に来て頂きました。
後日、奥様と一緒に謝罪にこられました。
記憶は無いそうです。
暴れるような感じではないし大騒ぎだけだったので
「お大事にして下さい」と言って終わりました。
抜糸まで受診されました。