スポーク損傷の子供の抜糸が終了

スポーク損傷は重症例が多いのですが、今回の子供もアキレス腱が露出していました。幸い、皮膚との癒着もあまりなく、歩行も順調で全抜糸を行いました。